夫婦・カップル 子育て

【たった3分】安定をもたらす瞑想のやり方

ママ
普段なかなか疲れが取れなくて困ってる。

 

kadohei
そんな方には瞑想がおすすめです。

 

 

なんで瞑想がオススメなのかを理由をふまえやり方もお伝えしていきます。

 

 

 

これを毎日のルーティンに入れることによって、日々溜まっているストレスや疲れを軽減することができるので是非やってみてください。

 



 

1.瞑想をやる理由

「瞑想」

 

 

この言葉を聞いて、どんなイメージを持つでしょうか。

 

 

「難しそう」

「座禅を学ばなければいけない」

「暗い」

「地味でかっこ悪い」

「効果があるのか怪しい」

 

 

じっとしながら行うため「怪しい」などの印象を持つ人もいるかもしれません。

 

 

しかし、瞑想は難しくありません。

 

 

年齢制限も中毒性もなく、安心安全です。

 

 

私も心を落ち着かせるために、瞑想は大変効果的と感じてます。

 

 

毎日子供達のわがままに振り回されて、自分のやりたいことも思うようにできないことがありストレスがたまっています。

 

 

ただ子供達が寝た時に、数分瞑想するように心がけています。

 

 

瞑想をすると、頭の中がリセット・整理されることで1日の疲れも自然と回復してきます。

 

 

なので、瞑想を1日のうちに数分するだけでも日々の体調も変わってきますよ。

※個人差はあります。

 

 

2.瞑想のやり方

瞑想を行う方法を一言でシンプルに言うなら、次のことを心がけるだけです。

 

「目を閉じて、静かな時間を楽しむ」

 

 

これだけでいいのです。

 

 

「目を閉じて、静かな時間を楽しむ」という点さえできていれば、素晴らしい瞑想の完成です。

 

 

「無」の状態で何も考えないことが効果をより与えます。

 

 

瞑想中に深呼吸をすれば、ますます心が落ち着き、考え事がはかどります。

 

 

心が不安定になっているとき、瞑想を行えば、すぐ心を落ち着かせられます。

 

 

瞑想は体を動かさないため、地味で効果が乏しく思えますが誤解です。

 

 

実際は精神を安定させる強い作用があります。

 

 

私たちは、多くの情報を目から得ています。

 

 

人が受ける情報の7割以上は、目による「視覚情報」です。

 

 

目を閉じることで視覚情報を遮断できるため、余計な雑念を取り除いて、考え事に集中しやすくなります。

 

 

私たちは普段、いつの間にか瞑想にふけっていることがあります。

 

 

目を閉じて腕組みをしながら考え事をしている人を見かけることがあるでしょう。

 

 

すでにあの状態は、瞑想の一種です。

 

 

目を閉じながら静かに考えることが、心にも思考にもプラスに働くことを無意識のうちに自覚しています。

 

積極的に瞑想を生活に取り入れましょう。

 

 

13分でもかまいません。

 

 

たった3分の瞑想が、1日全体の質を高めます。

 

 

ましてや子育てをしていると子供のことや家のこと、自分のことでで頭がいっぱいになり、思うように行動できないとストレスが溜まってきます。

 

 

瞑想を1日のうち数分やるようにルーティン化するだけでも心が落ち着きストレスフリーで生活できるようになってきますので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

まとめ

心が不安定なときは、心を無にして瞑想をする。



  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、子育てのことや夫婦円満の秘訣、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの夫婦に幸せになっていただき、ケータイトラブルで悩んでる方の救いになれば幸いです。

-夫婦・カップル, 子育て
-, , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5