夫婦・カップル

【倦怠期夫婦必見】手をつないでいる夫婦に、仲の悪いカップルはいない。

最近、ご夫婦で手をつないでいますか?

 

「結婚してから、すっかり手をつなぐことがなくなった」

 

そうした夫婦は少なくありません。

 

 

結婚前はよく手をつないでいても、結婚をして、夫婦生活が長くなるにつれて、手をつながなくなる傾向があります。

 

 

「今さら手をつなぐような関係ではない」

「新婚でもないのに、手をつなぐのはおかしい」

「もう夫婦なのだから、手をつなぐ必要はない」

そう考えていませんか?

 

 

町中を見れば、高齢の夫婦でも手をつないでいるカップルはいます。

 

 

手をつなぐことは、夫婦円満を保つポイントです。

 

手をつなぐ行為は、スキンシップ1つです。

 

 

つまり、手をつなぐことは「コミュニケーションの一種」と考えてください。

 

 

夫婦仲を良くしていく方法

日常からスキンシップが豊かなカップルは、肌の触れ合いを通したコミュニケーションが実現できています。

 

言葉だけではできない、奥深いコミュニケーションが楽しめます。

 

そのため言葉はなくても、手をつないでいるだけで、お互いの心をつなぐ状態を維持できるの町中にいる、手をつないでいる夫婦を見てください。

 

手をつないでいるカップルに、仲の悪いカップルはいません。

 

つまり、手をつなぐ関係さえ維持できていれば、夫婦関係の安泰が保証されます。

 

結婚したからといって、手をつなぐのをやめる必要はありません。

 

「恥ずかしい」という理由だけで、手をつなぐのをやめる必要もありません。

 

どうしても恥ずかしさが気になるなら、人目のないところで手をつなぐだけでもかまいません。

 

 

たとえば、映画館で一緒に映画を見ている最中なら、手をつないでいてもいいでしょう。

 

 

薄暗い空間の仲なら、周りの人に気づかれません。

 

1つのベッドで一緒に寝るときでもいいでしょう。

 

手の感触とぬくもりがあると、安心感に包まれながら睡眠の世界に入り込めるでしょう。

 

夫婦生活が長くなったとしても、手をつなぐ習慣は続けましょう。

 

もちろん1日中ではなく、ときどきでかまいません。

 

喧嘩をしても、手をつなぎながら仲直りです。

 

手をつなぐ習慣は、心と心をつなぐ習慣なのですから重要です。

 

やってしまいがちなbut対応

手を繋がなくなったり、スキンシップが少なくなる原因はいろいろあります。

 

・子供がいるからできない。

・パートナーが相手をしてくれない

・忙しくてできない

 

色々な原因はありますが、1番は自分勝手な考え方から生まれてると思います

 

忙しくて疲れてる時や、何かしている時にパートナーからスキンシップを求められたことはありませんか?

 

そんな時断っていませんか?

 

その断ってしまうことがいけません。 

 

断られた相手からすると、「次スキンシップをしようとすると断られる」と思い込み夫婦間でのコミュニケーションが減っていきます。

 

「来るもの拒まず」で広い心で受け止めてあげれるように日頃から余裕を持って接しましょう。

 

我慢をすることが嫌な気持ちもあると思いますが、長期的にみてその我慢が結果的に円満につながってくるのでその時はいやでも笑顔で接してあげましょう。

 

まとめ

夫婦円満の秘訣は「手を繋ぐこと」

スキンシップが嫌なら笑顔で会話を心がけること

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、子育てのことや夫婦円満の秘訣、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの夫婦に幸せになっていただき、ケータイトラブルで悩んでる方の救いになれば幸いです。

-夫婦・カップル
-, , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5