子育て

【意識改革】子供が物を大事にしない時にする3つの行動

こんにちは。

 

身の回りの持ち物を丁寧に扱うのは常識。

 

あなたは今、多くの持ち物のお世話になっているでしょう。

 

 

カバン、財布、スマートフォン、シャーペン、ボールペンなどなど。

 

 

それらの持ち物大切に使ってますか。

 

 

「そんなことはわかっているよ」と思っているかもしれません。

 

 

もし大事にしていないのであれば、子供も同じことしますよ。

 

 

うちの子も、私が物を置きっぱなしにし注意された後に直すとマネし、置きっ放しのときはおもちゃを散らかしてます。

 

 

「片付けて」と言ってもパパだって散らかしてるじゃんとつっこまれますが。笑

 

 

 

では、同じような境遇の方のために、子供にも持ち物は大切なものと意識してもらい、率先して片付けてもらうための方法が3つありますのでご紹介します。

 

 

1.「物」ではなく「体の一部」と思うこと。

「物」と思うのではなく「体の一部」と思うようにする

 

さて、ここでよくある理想と現実のギャップがあります。

 

 

頭ではわかっていても、なかなかうまくいかないことがあります。

 

 

毎日使っているものだからこそ、使い方が雑になってしまうのです。

 

 

悪気はないのですが、知らず知らずのうちに心が緩んで、雑な扱い方になっていることが少なくありません。

 

 

kadohei
ここが要注意ポイントです。

 

 

今すぐ意識改革をしてください。

 

 

毎日使っている財布もスマートフォンも「物」と思うのではなく「体の一部」と思うようにしましょう。

 

 

軽い気持ちではなく、本気で「体の一部」と思ってみてください。

 

 

そうするとおのずと接し方が変わるはずです。

 

 

「丁寧に使おう」「大切に扱おう」「定期的に掃除しよう」といった気持ちが芽生え、美意識が高まるでしょう。

 

 

意識の問題ですが、その意識こそが大事です。

 

 

物理的に別々の存在ではありますが、身の回りの持ち物は体の一部です。

 

 

「別々」ではなく「一体」という意識を変えることで見方が変わり、そして接し方が変わります。

 

私たちは毎日バスルームで体をきれいに洗いますが、身の回りの持ち物も体の一部ですから、きれいにケアすることが必要です。

定期的な掃除やメンテナンスも必要です。

 

身の回りの持ち物をきれいにすることは、自分をきれいにすることになります。

 

2.壊れても使い切れなくなるまで使う。

カバンでもスマホでもおもちゃでも使っていって綺麗にしてても、年月が経てば壊れやすくなる物です。

 

 

壊れた物ってどうしてますか。

 

捨てて新しいの買ってますか。

 

それとも治して使ってますか。

 

どちらも間違ってはいませんが、子供に物の大切さを教えるのであれば、壊れた物は治して使えなくなるまで使い続けましょう。

 

もちろん新しいのを買えば早いですが、それでは物の大切さを理解できません。

 

すぐ買ってしまう癖をつけてしまうと、平気で物を投げたり踏んだりして壊してしまいます。

 

 

それが自分のものだったら良いですが、友達のを壊してしまったらどうでしょう。

 

 

壊れたから買えば済む話ではありません。

 

壊れた物が友達が大切にし、思い出の品であったときは弁償しても心の傷は癒えません。

 

 

なので、壊れたら買う癖を絶対につけてはいけません。

 

 

治して完全に使えなくなるまで大切に使うことを意識しましょう。

 

3.物があるのが当たり前ではなく、感謝の気持ちを忘れないこと。

スマホや財布、鉛筆など身近にある物は、親あるいは自分が汗水垂らして働いたお金で買った物です。

 

もちろん買えない人だって世の中にはいます。

 

物があって当たり前ではなく、

「あってありがとう」という気持ちを持ち感謝する気持ちを意識しましょう。

 

 

そうすると物を大切にする気持ちが育っていきます。

まとめ

身の回りの持ち物は「体の一部」と思って、優しく丁寧に扱うようにする。

壊れたら完全に壊れるまで使い切る。

当たり前ではなく、あってありがとうの気持ちを持つ。

これを意識するだけで、物を大切にする優しい子に育っていきますよ。

 

では次回もお楽しみに

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、子育てのことや夫婦円満の秘訣、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの夫婦に幸せになっていただき、ケータイトラブルで悩んでる方の救いになれば幸いです。

-子育て
-, , , , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5