子育て

【簡単解説】尊敬される父親になれるたった3つの行動

パパ
・子供が言うことを聞いてくれない

・子供に嫌われてる気がする

kadohei
・それはあなたの行動を改善すれば自然と子供も変わりますよ

私も普段そっけない子供の対応に同じようなことを思っていました。

 

ただ妻の一言で対応方法を変えたら見事、原因解決し今では子供たちがべたべたしてきます。

 

子供は親の背中を見ているので、ダメなところもいいところも全て見てます。

 

今日の記事を最後まで読むと、自分と子供の心境が変わり尊敬され、言うことを聞くようになります。

 

一緒に改善していきましょう。

 

 

1.客観的に行動・言動見直す

主観的になるより、客観的だからこそ見えることがあります。

 

父としての言葉、行動、考え方は、父親本人は主観的になっていますから、当たり前と思ってしまい、なかなか見えないものです。

 

しかし、教育される子供から見ると、はっきりそれが「見える」のです。

 

客観的になり、受け身になるほうが「どのようなところが尊敬できるか」「学びがあるのか」が具体的に見えてきます。

 

主観的になるより、客観的になるほうが、その動きははっきり見えるのです。

 

運動会では、走っている自分の姿は自分では見えませんが、応援している人からは、その動きがよく見えます。

 

同じように、教育する立場より、教育される立場のほうが、よくわかります。

 

普段の自分の行動、言動を見直すのであれば、第三者に意見を求めましょう。

 

意見を聞くことで発見し、問題点が出てくるので、あとは息死して改善するのみです。

 

2.叱るではなく怒るになってないか。

怒る・・・感情的に怒ること

叱る・・・良い方向に導くこと

感情的に怒っていると、子供は何が悪かったのか分かっていないので、同じことを繰り返します。

 

その点叱るは、子供がやったことに対してどこが悪かったかを伝えて、改善し次からは同じ失敗をしないように良い方向へ導きます。

 

自分がどうなのかは第三者に聞いてみましょう。

 

子供が言うことを聞かないのであれば、怒るお父さんなのかもしれません。

 

子供は怒られてばっかりだと親への尊敬・信頼は下がります。

 

例えば

逆上がりを教えて欲しいと、子供から言われたときに手本を見せずやったとします。

その時、なかなか出来ない子供に

「やり方が違う」

「そんなんじゃできん」

 

など具体的なアドバイス無く怒るだけだといつまでたってもできませんし、子供もやる気を無くします。

 

ましてや、怒ってる人に「教えて」とお願いできますか。

子供は素直で、繊細なのでちょっと怒られただけでも恐怖心を覚えます。

 

そうなるとお父さんではなくお母さんの方が良いと思うので、お父さんから離れていきます。

 

その一方で、手本を見せなくても、

蹴り上げのタイミング、手の位置など、具体的に教えてあげるお父さんの方が、子供が「お父さんすごい」となり尊敬されます。

そうなると、お父さんの言う通りにやったら間違い無いと思ってくれるので言うことを聞いてくれるようになります。

あなたは例で言うとどちらですか。

 

どうやったら次からできるようになるのか、同じ失敗をしなくなるのかを教えてあげるのが正しい叱り方です。

 

意識してやってみましょう。

 

3.口だけではなく行動をしている

家にいると、家事をすることがあると思います。

 

家では、口で「あれやっといて」と指示出し役になっていませんか。

 

で指示出しだけをやってる人を見てどう思いますか。

 

いろんな意見があると思いますが、親の背中を子供は見ています。

 

何もしない人に子供は付いていきませんよ。

 

あなたの親が、自分に口で指示出しをし動いてなかったらどう思いますか。

私なら、「こんな大人にはなりたくない。」と思います。

 

頼りないですからね。

 

なので、子供が一緒にいる時は、率先して動きましょう。

 

何かしてて動けないのであれば、仕方ないですが、片付けや掃除などをしてる姿はきちんと子供は見ています。

 

そうすると、あなたが掃除を始めたら子供は何も言わなくても「片付けしないと」となり動きます。

 

子供や妻に指示出しではなく、自分が動いてやっている姿を見せるだけでも子供は理解し行動します。

 

動かない親ほど子供は付いてきませんよ。

 

まとめ

客観的に、自分の父親を見てみる。

冷静に物事を判断し、叱る習慣をつける。

自分が行動しお手本になる。

この3つを意識的にするだけでも子供の信頼度は上がり言うことを聞いてくれるようになります!

決して「言うこと聞かないなら、〇〇あげないよ。」など脅さないようにしてください。

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、ケータイに関する情報や、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの方に解決していただき、悩んでる方の救いになれば幸いです。

-子育て
-, , , , , , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5