携帯関連

【3分で解決】ガラケー・スマホが急に充電ができなくなった時の対処法

ママ
急に充電できなくなった

kadohei
ケータイの使い方に問題があるのでいます調べてみましょう。

 

ケータイを使っていて、電池残量が少なくなり充電しようと思ったら充電がされない。

 

充電していたはずなのに全くされていない。

 

という経験はありませんか。

 

「充電されていない」ということは、使い方充電器に問題があるかもしれません。

 

この記事を最後まで読むことで、充電されない原因が解決され、スマホを長持ちさせる方法も学べますので、最後までご覧ください。

 

1.充電端子の破損

装着時は充電端子の上下を確認してから差し、取り外しは水平に抜く。

 

この基本動作ができていますか。

 

抜くときに水平になっていなかったり、先端ではなくコードをもって抜いていませんか。

 

その抜き方だと、充電端子の破損つながりますので気を付けましょう。

 

2.ケータイの温度上昇・低下

ケータイ内部の温度が上昇しすぎたり、低下しすぎたりしている。

 

ゲームをしていて充電が無くなったから、充電器を差したままゲームをしていると、本体の温度が上昇します。

 

そうすると、本体の安全装置が働き、充電をしなくなります。

 

これは故障ではなく、本体を正常に動かすための安全装置が働いていることになります。

 

充電中は、本体を触らないことと適度な温度になってから充電しよう。

 

3.ドコモ指定品以外の使用

ドコモ指定品以外の充電器を使用していると、電圧が異なる等の原因で故障につながりますので、純正品の使用をオススメします。

 

4.付属品の故障

 

充電器の抜き差し方法が悪くACアダプタ(充電器)が故障したり、卓上ホルダの故障、ワイヤレスチャージャーなどの故障が原因で充電ができないことがあります。

 

よくあるのが、「充電器の挿し口が折れ曲がっている」

 

ご自宅の充電器は曲がっていないのか確認してください。

 

充電ができない原因に充電器の可能性があることを知っておきましょう。

 

曲がったまま使用していると、本体の故障にもつながりますので、曲がっているのを見つけたらすぐ買い替えましょう。

 

これは、スマホを長持ちさせる方法の一つと言えるでしょう。

 

 

5.接続部の汚れ

接続部分にホコリや汚れが付着している。

 

接続部分にホコリや汚れがあると、充電端子が反応しないため充電されません。

 

リアカバー(後ろにふた)があるタイプのケータイはリアカバー外し、電池パックも外した後、綿棒で掃除しましょう。

 

掃除する部分は

〈スマホ〉充電端子部分

〈ガラケー/リアカバーが外れるケータイ〉充電端子と電池パック接続部分

乾いた柔らかい布や綿棒で掃除することをオススメします。

 

汚れたと感じたらこまめに掃除をしましょう

 

6.電池パックの劣化や長時間の未使用

電池パックの劣化や長時間の未使用により自然放電も原因です。

 

電池パックの劣化は、長年ケータイを使っていることで起こってきますので買い替えの時期かもしれません。

 

長時間の未使用によりおこる自然放電は、長時間スマホを使用していない場合でも電気が自然放電することで電池パックが劣化して行くことも原因です。

 

スマホの内臓電池であれば、メーカーに送り修理をすれば電離パックの交換が可能です。

 

ドコモであればケータイ補償に加入していれば、3,300円で交換できるので相談してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

普段の生活の中で「充電ができない」といった症状が出た場合は「本体の充電端子」「充電器」「電池パック」に問題がないかを確認し解決しない場合はショップに持っていきましょう。

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、ケータイに関する情報や、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの方に解決していただき、悩んでる方の救いになれば幸いです。

-携帯関連
-, , , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5