子育て

【2分でわかる】禁句!子供に話してはいけないNGワード!

ママ
・まだ子供だから何かさせるのは不安

kadohei
・「まだ子供だから」このフレーズは危険なのでやめましょう。

 

実は「まだ子供だからね」という一言に、子供は傷ついています。

 

では、なぜこの言葉が危険なのかをご説明していきます。

 

最後まで記事を読むことで、子育てに対しての考え方が変わり、子育てをよりやりやすくしていきますので最後までご覧ください。

 

1.「まだ子供だからね」はNGワード

「まだ子供だからね」という一言を言っていませんか。

 

これはNGワードです。

 

重いものを持てないときや難しい問題が解けないとき、親がふと言いやすい一言です。

 

もちろん無意識で言ってしまうこともあるので、親に悪気はないでしょう。

 

未熟な子供には、できないことがたくさんあります。

 

子供だからできなくて仕方ないと思うのも、おかしなことではなく、普通のことです。

 

しかし、子供にとっては、「まだ子供だからね」と言われると、子供はばかにされているように感じます。

 

見下されている様子は、幼い子供でもしっかり理解します。

 

ふと言ってしまう言葉ですが、ひそかに子供は傷ついています。

 

事実であっても、言ってはいけない言葉なのです。

 

「まだ子供だからね」は禁句にしましょう。

 

そのほかにも「否定の言葉」「上から目線」「侮辱する言葉」

 

これもNGワードなので、無意識に言ってないか、パートナーの方に聞いてみましょう。

 

もし言っているのであれば、即改善しましょう。

 

2.代わりの言葉を身につける。

こういうときは「いつかできるようになるよ」という言葉がおすすめです。

 

親の期待が伝わる一言です。

 

つまりポジティブワード

 

親からの期待を感じた子供は「親に認められたい。もっと頑張るぞ」と意気込み、向上心に火がつくでしょう。

 

やる気にさせる言葉をたくさん語りかけ、子供を元気にさせましょう。

 

子供の背中を押す言葉を言うのが、子育て上手な親です。

 

まとめ

「まだ子供だからね」は禁句にして「いつかできるようになるよ」と言う。

 

ネガティブワードより、ポジティブワードを意識してください。

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、子育てのことや夫婦円満の秘訣、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの夫婦に幸せになっていただき、ケータイトラブルで悩んでる方の救いになれば幸いです。

-子育て
-, , , , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5