携帯関連

【2分で読める】ガラケーからガラホ・スマホに変えるメリット

ママ
・スマホの良さがわからない

・スマホの何がいいの。

kadohei
・スマホにするだけでも生活環境変わりますよ

 

2026年にガラケーが使えなることが決まってますが、3Gが使えなくなります。

 

ただスマホにするにも高いし、使い方わからない。

 

気持ちはすごいわかります。

 

スマホでなくても、二つ折りケータイで「ガラホ」と呼ばれるものもあります。

 

使い方はシンプルで、今まで使ってたガラケーとほぼ同じです。

 

では、ほぼ同じなら変える必要が無いかと思いますが、スマホもガラホもガラケーとかなり便利さが変わります。

 

記事を最後まで読むと、スマホ・ガラホの良さがわかり、持つことへの不安が解消され期待感も出てくると思いますので、最後までごらんください。

 

1.インターネットが早い。

 

FOMA・・・受信時最大1.4Mbps

                        送信時最大5.7Mbps

スマホ・・・受信時最大1288Mbps

                       送信時最大131.3Mbps

※表示は最大なので一部エリアにより最大値より低くなります。

 

また、状況により受信・送信速度は変わります。

 

メールを送る際、受信するスピードが違うと、緊急時のエリアメールも早く届くので、対策が打ちやすくなります。

 

天災がいつ起こるかわからない世の中で、情報をいかに早く受け取れるのかが大事になります。

 

2.通話の声がよく聞こえる。

 

VoLTE対応により声がクリアになりました。

 

VoLTE・・・高音質な通話ができ、発着信の時間も短縮されます。

 

通話の音質が気になる方は、4Gに代わるだけでクリアになります。

 

最近、通話音質が悪い方は一つの参考にしてみてください。

 

3.早くエリアメールが届く。

例えば地震発生時に届くメールが、

FOMAだと、気象庁からケータイに届く時間が6かかります。

 

これがスマホ・ガラホだと、気象庁からのメールが1報が約2秒、第2報が約4で届きます。

 

しかも、スマホなら通話中にエリアメールが受信できますが、ガラケーはできません。

 

まとめ

緊急時や大事な通話をする際に、ガラケーだと通話中の音質が悪く、緊急時にエリアメールがおそいですが、

スマホ・ガラホは高音質で、エリアメールが届くのも早いので、これからの災害時にかなり役立ちます。

ガラホだとガラケーと変わらないくらいの基本料金で持てるので是非ご検討ください。

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、子育てのことや夫婦円満の秘訣、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの夫婦に幸せになっていただき、ケータイトラブルで悩んでる方の救いになれば幸いです。

-携帯関連
-, , , , , , , , , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5