夫婦・カップル 子育て

どんな子に育つかは、親が決めることではない。子供が決めること。

ママ
子供には将来○○になってほしい!

 

kadohei
親であればそう考えるのは当然でもありますし、将来の不安からそう思うのは大変よくわかります。

 

 

私も自分の子供達には、「プロ野球選手」や「公務員」になったほうがいいよ!

とは言いますが、子供たちからするといい迷惑ですよね!

 

 

私たちが子供の頃に親から、「こうなりなさい!」「絶対この職の方がいい」と言われて納得して行動してましたかと言われればそうではなかったです。

 

 

相当な権力を持ったご両親でない限りほとんどの人は親の言う通りの職についてないと思います。

 

 

なら、安心して子育てをするためには、小さい頃からどのように接したらいいのかを解説していきます。

 

 

この記事を読むことで、子供達の将来の不安が軽減され子供達もノヒノビ育ち、ご両親は楽しく子育てができることでしょう。

 

 

1.子供にさまざまな職業を体験してもらう。

「明るく元気な子に育ってほしい」と親が思っても、実際はおとなしい子に育つかもしれません。

 

 

「音楽が得意な子に育ってほしい」と願っても、実際は料理が得意な子に育つかもしれません。

 

 

「将来は公務員になってほしい」と親が希望しても、実際は別の進路に進む可能性もあるでしょう。

 

 

それもそのはず、子供達にはどんな職業があり、自分が経験してきたことの中から楽しいことを見つけ職にしていきます。

 

 

・怪我をした時に看護師さんに優しくしてもらった。

・家事をテレビで見てて消防士がカッコ良かった。

・友達を笑わせたら思った以上に笑ってくれて笑わすことが楽しくて漫才師になると決めた。

他にもいろいろあります。

 

 

「公務員」でもいろんな職業もあります。

 

「調理師」でも、和・洋・中のどれなのか。

 

 

子供達が生活の中で体験をしていき、楽しかったことが将来の職業につながってきます。

 

 

なので、小さい頃から子供達にはいろいろ経験させましょう。

 

 

 

2.絶対にやってはいけないこと。

子供の将来について絶対にやってはいけないことがあります。

 

 

「否定すること」

 

 

否定したり、子供の進路を無理に変えようと強制させると、子供の向上心や成長意欲が失われます。

 

 

せっかく楽しい経験をして将来につなげようとしているのに、拒否されるとモチベーションが下がりますよ。

親は、子供の成長を手助けする存在です。

 

 

子供の将来を期待するのはいいのですが、指図や命令することは絶対にしてはいけません。

 

 

 

まとめ

将来が心配なら、遊びや料理、スポーツなどいろんなことを経験してもらう。

楽しいことと楽しくないことをそこで判断するので、楽しいことを見つけたら親は否定せず全力でサポートをすること。

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、子育てのことや夫婦円満の秘訣、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの夫婦に幸せになっていただき、ケータイトラブルで悩んでる方の救いになれば幸いです。

-夫婦・カップル, 子育て
-, , , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5