携帯関連

スマホ本体が熱くなった時のすべき対処法

ママ
・本体を使ってたらすぐ熱くなる

・何もしていないのに本体が熱い

kadohei
その熱くなる原因は使い方に問題があります。

 

もし本体がすぐ熱くなると感じる方、本体を操作してる中で急にアプリが終了しホーム画面に戻る方は、記事を最後まで読んでいただくと、解決できますので最後までご覧ください。

 

対処法と、熱くなる原因について紹介していきます。

 

1.熱くなる要因

スマホの様々な部品は電気(エネルギー)で動作します。

 

その際、エネルギーの一部は熱となって放出されます。

 

スマホは高性能な処理能力を持つ部品を使用していること、また、小型・軽量・防水・粉塵機能などにより、熱が逃げにくくなっていることが要因です

 

2.スマホの安全機能

スマホが熱くなりすぎないように安全機能が働くので安心して使えるようになっています

 

本体が一定まで上昇すると、スマホの動作を制御します。

 

スマホの安全機能

1.充電速度を遅くする。

2.処理能力を低下させる。

3.液晶を暗くする。

4.カメラを停止。

5.充電停止

6.電源を落とす

それでは1つづつ解説していきます。

1.充電速度を遅くする

温度が急上昇すると低下させるために充電速度を遅くします。

 

2.処理能力を低下させる

アプリがを使用していると、本体が様々な処理をするため熱くなります。

熱くなるのを防ぐため遅くなりますが処理能力を低下させます。

 

3.液晶を暗くする

液晶画面が明るいと、電池を消耗していきます。

それで本体が熱くなるため液晶を暗くし低下させます。

 

4.カメラ停止

カメラも起動をしていると、処理能力が働き本体が熱くなります。

動画も長時間撮り続けると本体が熱くなるのを感じたことがあるかもしれません。

長時間のカメラの使用は気を付けましょう。

 

5.充電停止

充電が100%になるとか充電しないように充電が止まります。

また充電中に温度が急上昇すると100%になっていなくても充電を停止します。

 

6.電源を落とす

アプリの処理や、カメラの起動等により、温度が急上昇すると安全機能が働き強制終了され電源が落ちます。

 

3.考えられる要因。

1.長時間使用や充電中の使用

2.バックグラウンドで各機能が動いている

(同時にたくさんのアプリを起動したりGPSWi-Fi、なとがバックグラウンドで通信してる。

※体質や体調により熱く感じることがあります。

 

まとめ

アプリや、カメラ、ゲーム、充電の仕方で本体が情報を処理するために熱くなっていきます。

 

対処法として、「長時間使用しない」「使っていないアプリの削除」「バックグランドの削除」をし本体が熱くならないように使用していきましょう。

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、ケータイに関する情報や、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの方に解決していただき、悩んでる方の救いになれば幸いです。

-携帯関連
-, , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5