携帯関連

携帯電話を長期間利用しない方向けの「電話番号保管」を徹底解説

海外赴任や留学や入院など、ドコモの携帯電話を長期間利用はない方におすすめの手続き「電話番号保管」

 

 

この保管は、電話番号とメールアドレスが最長3年間保管することができます。

 

 

今回は電話番号保管の概要や利用する場合の注意点を解説していきます。

 

 

1.電話番号保管の概要

お申し込みはドコモショップ窓口・My docomo151(インフォメーションセンター)からの申し込みが必要となります。

 

 

【料金】

・電話番号保管は400/

・メールアドレス保管は100/

 

 

※メールアドレス保管のみの手続きは不可

※各種割引サービス対象外

My docomoからは電話番号保管解除の申し込みはできません。

My docomoご利用には「ネットワーク暗証番号」や「dアカウント」が必要です。

 

 

2.適用条件

・保管期間は最長3年間です。

 

 

※お申し込み翌月1日から3年間がスタートし、3年後の期間満了日の翌月1日をもって解約となります。

5G/Xiサービスをご利用中の方が電話番号保管をご利用になれます。

 

 

※データプラス、データ通信専用プラン、ユビキタスプラン等の方はご利用できません。

 

 

※電話番号保管中は一切通話・通信サービスはご利用になれません。

 

 

※申し込みにより、原則全ての割引サービス、各種サービスが廃止となります。

 

 

3.申し込み時の注意点

 

・クラウドデータが全て削除され、復元はできません。

 

 

・保管中にSIMカードを紛失した場合、再発行手数料2000円がかかります。

 

 

・保管中にマイドコモをご利用になるには、dアカウントの2段階認証の設定で、連絡先メールアドレス(ドコモメール以外)と信頼端末の登録をしたいない状態ではマイドコモは使えません。

 

 

 

まとめ

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.nttdocomo.co.jp/support/keep_number/

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、子育てのことや夫婦円満の秘訣、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの夫婦に幸せになっていただき、ケータイトラブルで悩んでる方の救いになれば幸いです。

-携帯関連
-

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5