子育て

育児に疲れたら、心を落ち着かせる方法は2種類ある。

ママ
子育て超大変。ストレスどう発散したらいいの?

 

子育ては子供が成人になるまでずっと続きます。

 

 

何十年も子育てをしているとストレスがかなりたまります。

 

 

ストレスを上手く発散していかないと溜め込みすぎて育児ノイローゼや育児鬱になる可能性があるので、避けたいものです。

 

 

ただでさえ忙しいのに発散する時間もなければ、発散をどうしたらいいのかわからない方もいると思います。

 

今回の記事では、育児で溜まったストレスの発散方法がわからない方や忙しくてなかなか発散できない方に向けた解決法になります。

 

 

この方法を知っておくだけでも、育児で溜まったストレスを軽減させ、育児を楽しくできるようになるでしょう。

 

 

心を落ち着かせる方法は、2種類あるので解説していきたいと思います。

 

 

1.「自然に任せる方法」

特別な方法に頼らず、ただ自然と心が落ち着くのを待つ方法です。

 

 

一言で言うと「消極的な解決方法」です。

 

 

自然に任せる方法は、結果が不安定です。

 

 

なかなか心が落ち着かないかもしれません。

 

 

意外と早く心が落ち着くかもしれません。

 

 

解決するどころか、どんどん心が不安定になっていくかもしれません。

 

 

自然に任せる方法は最も手間暇が少ないものの、成り行きに任せているので、解決が不安定という特徴があります。

 

 

自然に任せる方はメンタルがある程度強い方向けなのかもしれません。

 

 

2.自発的に行う方法

悪化した状況を放置せず、自分から進んで具体的な解決策に取り組む方法です。

 

 

たとえば、読書・瞑想・散歩などです。

 

 

一言で言うと「積極的な解決方法」です。

 

 

自分から心を落ち着かせる方法に取り組むため、解決が早くて確実です。

 

 

正しい方法を選べば、心を落ち着かせるのも早くなります。

 

 

解決策に慣れてくれば、結果が出るまでの時間を短縮させることも可能になります。

 

 

趣味がある方は比較的に自発的に行う方法でOKです。

 

 

趣味がない人は、友達と話したり、部屋をきれいにしたりすることでストレス発散につながる方もいます。

 

 

どこにストレス発散源が転んでるかはわかりません。

 

 

3.自己解決できない方

どちらの方法でも最終的に心を落ち着かせることは可能です。

 

 

やはり何もしないでいるより、積極的に取り組んだほうが、問題は早く解決します。

 

 

子供は、自然に任せる方法しかできません。

 

 

したがって自発的に行う方法に取り組めるほうが、大人です。

 

 

「自己管理」「感情のコントロール」という意味でも、心を落ち着かせる方法を身につけておきたい。

 

 

自分から解決に取り組むほうが、思うような人生を歩みやすくなります。

 

 

どちらの方法でも最終的に落ち着くことはできますが、特徴や即効性などに違いがあります。

 

 

特に大きな違いは「確実性」です。

 

 

心を落ち着かせる前提として、まず違いをきちんと区別しておきましょう。

 

 

ここまで読んでもしっくり来なかった方は、自分の好きなことを紙に書いて文字起こしをしましょう。

 

 

その文字起こししたことを、子供が寝て落ち着いた時に実践してみてください。

 

 

それが楽しいことなのであれば、それは「自発的に行う方法」なので、ストレス発散方法はそれです。

 

 

まとめ

「自発的派」か「自然に任せる派」かの2種類を理解する。

どっちかわからないなら自分の好きなことを紙に文字起こしし実践する。

その中で楽しいのがあれば、それがストレス発散方法です。

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、子育てのことや夫婦円満の秘訣、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの夫婦に幸せになっていただき、ケータイトラブルで悩んでる方の救いになれば幸いです。

-子育て
-, , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5