携帯関連

電源の入らなくなったケータイのデータを復元する方法【ドコモ編】

ママ
急に電源がつかなくなった。水に濡れて電源が入らなくなった。落としたら電源がつかなくなった。

 

kadohei
ドコモショップなら大事なデータを取り戻せる方法があります。

 

水濡れ・破損などで電源が入らなくなった(操作できない)スマートフォンからでも、保存しているデータを取り出せる場合があります。

※ガラケーは対応しておりません。

 

もし困った時はこの方法を使えば有料の方法もありますが、大事なデータを取り戻せるのであればやる価値はあります。

 

 

1.強制終了

「電源ボタン」「音声の上もしくは下」を同時に押し、本体が「ブルッ」となるまで押し続けます。

 

その後ブランドマークが出てきたらボタンを話します。

 

このやり方は「強制終了」の方法で、電源を切った状態で立ち上げようとすると、画面がフリーズしてしまい電源が入らなくなる状態を、強制的に電源を切り、再度入れる方法です。

 

急に電源が入らなくなったり、操作中にケータイが固まったらやってみましょう。

 

上手く電源が立ち上がればデータは消えず残っているのでラッキーです。

 

2.ケータイデータ復旧サービス

電源が入らない、あるいは操作できない携帯電話機に保存された画像やデータを、専用のアプリ経由で受け取るか、DVD-Rに保存して返却してもらえるサービスです。

 

水濡れや破損などで携帯電話のデータが取り出せなくなった場合、ドコモショップで受付することができます。

 

データ復旧には約2週間かかります。

 

受取方法

1.ネット受け取り

※事前に専用アプリをダウンロードし、dアカウントでログイン後、「復旧を始める」をタップするとドコモのサーバーにアップロードされた復旧データのダウンロードが開始されます。

 

2.ショップ受け取り

※データ復旧後にドコモショップでデータの移し替えをしていきます。

DVD-Rに保存された復旧データは、ドコモショップに設置されている専用機械(DOCOPY)を使って新しいケータイに移し替えます。

 

移し替える前に、手続き時に4桁の番号を決めるので、それを入れないと移し替えができないので忘れないように。

 

また、本体にロックをかけている場合は、数字やパターンを忘れてしまうと受付ができない、もしくはデータは戻ってこないので覚えておきましょう。

 

 

3.利用方法

故障した携帯電話機をドコモショップに持ち込みます。

 

ドコモの製品(スマホ、iPhone)、他社はiPhoneであれば、ドコモの回線がなくても利用できますが利用条件があります。

 

〜利用条件〜

①ケータイデータ復旧サービス対応機種であること

 

②申し込みができるのは、携帯電話機の所有者本人であること。

 

③ネット受け取りはspモード契約が必要。

 

〜復旧代金〜

ケータイ補償サービス(380円以外)加入:1000

ケータイ補償サービス(380)加入:2000

ケータイ補償お届けサービス加入

またはケータイ補償サービス未加入:8000

 

〜注意点〜

復旧作業にの過程で端末の分解などを行うため、復旧の成否にかかわらず預けたケータイは返却されません。

 

復旧できるものは写真・動画・電話帳等ありますが、どれか1つでも戻ってきた時点で金額が発生します。

 

すべてのデータが復旧することを保証するものではありません。

 

まとめ

ケータイのデータが消えないように、Androidは「SDカード」、iPhoneは「iCloud」にデータをバックアップしておくと、

いざケータイが壊れてしまっても復元ができるので、必ずバックアップはしておきましょう。

 

特にSDカードへは手動でバックアップをする様になるので忘れずに。

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、ケータイに関する情報や、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの方に解決していただき、悩んでる方の救いになれば幸いです。

-携帯関連
-, , , , , , ,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5