携帯関連

ahamoは解約金・縛りなし!解約方法や注意点を簡単解説!

携帯電話会社の料金プランは、一定期間の契約と引き換えに割引になっていたり、解約月以外は高額の解約金が掛かるケースが多くあります。

 

ママ
どうせ解約金は高いんでしょ?
kadohei
ahamoは契約に関する解約金や縛りは一切ありません。

 

今回はahamoの解約方法や解約時に必要な費用、注意点について解説していきます。

 

わかりやすく解説していきますので、最後までご覧ください!

ahamo02.png

 

1.ahamoは解約金(違約金)・縛りなしで解約できる!

ahamoは解約にかかる費用や違約金は一切ありません。

また契約期間の縛りもなく、一定の期間にわたって契約を続ける必要がありません。

他社をお使いだった方はahamo移行時に解約金が発生した方もいると思います。

 

※docomo→ahamoは違約金や解約金はかかりません

 

2.ahamoは日割り?月割り?

解約金はありませんが、毎月の基本料金は発生します。

ahamoの場合、解約月の基本料金は日割り計算になりません。

 

そのため、当月中のどこで解約しても2,970(税込) の請求が発生します。

 

利用しているオプションも月割りになるので注意しましょう。

 

同時に機種変更、機種購入の場合は機種代⾦が別途発生します。

 

3.ahamoの解約方法と用意するもの

ahamoを解約する場合、手続きは基本的にすべてオンラインで完結します。

 

紛失・盗難でSIMカードがない場合や、契約者が死亡している場合を除いて、提出が必要な書類もありません。

 

①事前に用意するもの

解約予定の番号と紐付けられたドコモUIM/SIMカードが必要。

 

もし盗難や紛失で手元にない場合や、SMS非対応のスマホを使用している場合は、申請書類をダウンロードして記入し、郵送して手続きを進めます。

 

解約後の連絡を受け取るためのメールアドレスも用意しておきましょう。

 

Googleアカウントに使用しているGmailなどがおすすめです。

 

②解約窓口と受付時間

ahamoは申し込みと同様に解約もオンラインの窓口のみになります。

 

システムメンテナンスを除き、24時間対応なので、必要な時にいつでも解約が可能です。

 

解約の申し込みをするには、ahamoの番号と紐付けられているdアカウントにログインしておく必要があります。

 

③解約手順

手元に解約する番号と紐付けられているSIMカードを用意します。

 

解約手続きにはahamo回線でインターネットに接続している状態が必要です。SIMカードをスマホに挿入して、インターネットに接続してください。


また、デュアルSIMを運用している場合は、データ通信用の回線をahamoに切り替えておきます。 

ahamo公式サイトから、携帯電話の解約お手続き方法を開きます。

続いて、

「携帯電話の解約お手続き方法」>「解約手続き」>「お手続き窓口」の順にクリックし、「お手続きページへ」をクリックして、解約手続きのページを開きます。


手続きを進め、解約する番号の契約情報や解約にかかる費用、スマホの分割購入の残金、dポイントなどを確認します。

 

同意が必要な注意事項にチェックを入れ、申し込む
解約にあたって必要となる注意事項を確認し、チェックをタップします。

 

注意事項は解約に必要な大切な内容が記載されているので、必ず確認してください。


解約の申込書を交付する方法については、電子交付の場合はmydocomoのページ上で確認になります。


最後に申し込みを完了すると、解約の手続きは完了!

4.他社に乗り換える場合はMNP転出が必要

ahamoを解約して他社に乗り換える際、現在使用している電話番号は維持するにはMNP転出を利用します。

解約してしまうと電話番号が抹消されてしまいます。

 

MNP予約番号は、dアカウントを使用して、mydocomoにログインし、発行を申請しましょう。

 

5.MNP予約番号の発行方法!

ahamo公式サイトから、携帯電話の解約お手続き方法を開きます。

続いて、

「携帯電話の解約お手続き方法」>「MNPを利用した解約」>「お手続きページへ」を順にクリックします。

もしくは、

mydocomoにログインし、「お手続き」>「解約・その他」>「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を選択しましょう。申込内容を確認しMNP予約番号を発行する。


最後に、MNPを利用する番号や受付確認メールの送信先を確認します。

問題がなければ手続きを完了すると、しばらくしてMNP予約番号の発行が可能です。

 

夜間に申し込んだ場合は、翌9時から順次発行されます。

 

6.ahamoを解約する際の注意点は?

短期間の解約にはペナルティが付くなど、注意するべきポイントがいくつかあります。

 

4つの注意点があるので一つずつ解説していきます。 

 

①ブラックリスト入りする可能性がある?

ahamoを契約後、短期間で解約すると、ドコモのブラックリストに登録されてしまう可能性があります。

これは以前、スマホを購入する際のキャンペーンだけを利用して安くスマホを入手したり、キャッシュバックやポイントバックだけを受け取って、すぐ解約するケースが多発したためです。

そのため、あまりに短い契約期間で解約すると、今後、ドコモでの契約を拒否するリストに登録されてしまうことがあります。

 

②ドコモのブラックリストに登録された場合のリスク

繰り返し短期解約を行うと、ドコモのブラックリストに登録され、契約状況を監視される可能性が高いです。

また、スマホを購入して即解約をしたりMNPを繰り返すと、信用情報機関に登録されてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

③端末の分割払いがある場合

端末を割賦で購入して端末代金の分割払いが残っている場合、解約時に精算するか、解約後も支払いを継続しなければなりません。

 

もし解約後に端末購入代金の支払いが滞った場合、未払金の督促状が送付され、それでも無視を続けると差し押さえのための裁判を起こされます。

 

このようなケースは、最終的に信用情報に問題があるとして、信用情報機関のブラックリストに登録され、カードを作ったり、ローンの申込みやキャッシングができなくなったりと、さまざまな問題が発生します。

 

dポイントは継続されるのか?

dアカウントが有効であれば、dポイントは継続されます。

ahamoは契約にdアカウントが必須なので、ahamo解約後もdアカウントを削除しなければdポイントが失効することはありません。


まとめ

今使っているケータイ会社のいい点と、ahamoのいい点を比較してahamoに切り替えましょう。

記事をご覧いただいたように解約も全てWebでの手続きになるので、店舗にお世話になっている方はahamoはお勧めできませんね!

  • この記事を書いた人

nijipapa

広島在住。幼稚園児の息子・娘と妻の4人家族です。 趣味は、スポーツ観戦、子供と遊ぶこと、ケータイ情報を調べること。 このブログでは、ケータイに関する情報や、ケータイのトラブル解決法など紹介しています。 1人でも多くの方に解決していただき、悩んでる方の救いになれば幸いです。

-携帯関連
-,

© 2021 Kadohei blog Powered by AFFINGER5